TOP » ハウスクリーニングの基礎知識

ハウスクリーニングの基礎知識

ハウスクリーニングを清掃業者に依頼する前に、知っておきたい基礎知識についてまとめています。

知っておきたい!ハウスクリーニングの基礎知識

ハウスクリーニングは、よく家事代行と間違えられることがあります。家事代行とは、掃除や洗濯、料理など、一般家庭の家事を代わりに請け負ってくれるサービスです。

これに対し、専用の洗剤や機材を使って、集中的に掃除をしてくれるのがハウスクリーニング。掃除は通常の掃除でOK、料理や洗濯などもお願いしたいという場合には家事代行サービスを利用するのがいいでしょう。

キッチンや浴室、エアコンなど、部分的にクリーニングをしてもらいたいという場合や、家全体を定期的に掃除してもらいたいという場合など、しっかりとクリーニングをしてもらいたいというときには、ハウスクリーニングを選ぶようにしましょう。

業者に依頼する前に

ハウスクリーニングを業者に依頼するにあたって、注意しておくべき点がいくつかあります。

まず、作業しやすいように家具を移動してスペースを作っておくこと。エアコンのクリーニングの場合には、脚立を使用するので、エアコンの周りにスペースを空けておきましょう。キッチンや浴室、トイレ、洗面所なども、小物類をどかしておくと、スムーズに作業できます。

>>ハウスクリーニングの前に必要な準備を読む

壊されたり汚されたりしたら?

また、余計なトラブルを避けるためにも、貴重品は作業をする部屋ではなく、別の場所に保管して、きちんと管理すること。

クリーニング時には、水道、電気、ガスを使うので、これらを使える状態にしておきましょう。業者の人はたいてい車で来るので、駐車スペースを用意しておくといいでしょう。

また、ハウスクリーニングを業者に依頼した際、トラブルやクレームが発生することも少なくありません。たとえば、家具や建具を傷つけられた、壊された、汚された。使った洗剤のにおいが残っているなどのトラブルです。

こうしたトラブルが起こった場合の対処法や、事前に避ける回避法についてまとめているので、ハウスクリーニングを依頼する前に、ぜひチェックしておいてください。

>>ハウスクリーニングに多いクレームを読む

ハウスクリーニング業者の選び方

写真つきで作業例などを紹介している業者は信頼できる

ホームページで日頃の作業風景を写真つきで丁寧に説明している業者や、専門的な技術を紹介している業者は、サービスのクオリティが高いと期待できます。

自社の技術に自信がなければ、ホームページで積極的に作業例や技術を紹介することはできません。また、仕上がりを具体的にイメージしやすいので、こういった業者には安心して依頼することができますよね。

残念だったところも書かれている口コミを参考に!

実際に業者を利用した方の口コミは、業者を選ぶ上でとても役立ちます。とくに自分が依頼しようとしている作業内容と同じ作業をお願いした人がいると、とても参考になるものです。

ただし、良いことばかり掲載している口コミサイトには注意が必要です。なぜなら、業者の印象を良くするために意図的に良い情報だけが掲載されているかもしれないからです。

良いところだけではなく、残念だったところについてもしっかり書かれている口コミを参考にするようにしてください。

直接連絡をとって業者を絞り込む

ホームページを見て信頼できそうな業者を2、3社ピックアップすることができたら、直接連絡をとってより詳しく話を聞きましょう。このときに「電話やメールの対応がしっかりしているか」もチェックすべきポイントです。

レスポンスが遅かったり、受け答えがいい加減だったりする業者は、クリーニングをするスタッフの教育もしっかりできていない可能性があります。

どのような仕上がりになるか業者に確認する

業者に直接連絡をとった際は、キレイにして欲しい作業範囲や汚れの気になっている箇所を詳細に伝え、ハウスクリーニングによってどのような仕上がりになるのか細かく確認しましょう。

たとえば、浴室のゴムパッキンに浸透してしまっているカビのように、ハウスクリーニングでは落ちない汚れもありますので、そういったリスクも含めて納得のいく説明をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

見積書は2社以上から貰うのがベスト

見積もりをとるときには依頼したい作業内容をしっかり伝えた上で、メールまたは書面で見積書を貰いましょう。口頭のみですませてしまうとトラブルの原因になります。

また、追加料金の発生がないかも確認しておきましょう。年末などの繁忙期でなければ、一括比較サイトで大体の相場をつかんだ上で2社以上の業者に相見積もりをとる方法もおすすめです。意外と良い条件で契約できるかもしれませんよ!

損害賠償責任保険への加入を確認する

経験豊富な業者であれば細心の注意を払って作業を行っていると思いますが、それでも作業中の設備破損が起きてしまう可能性はあります。そのようなときでも、「損害賠償責任保険」に入っている業者であればしっかりとした補償が受けられるでしょう。

契約をする前に、その業者が損害賠償責任保険へ加入しているか、もしもの場合にはどのような補償をしてくれるかを確認しておきましょう。

ハウスクリーニングのより良い業者を選ぶためには、上記5つのポイントを押さえておくと良いですよ。

賃貸物件の原状回復に不可欠なハウスクリーニング特約とは?

民法616条、597条、598条に基づき、住居の賃借人は契約終了時に賃貸物を現状回復する義務があります。ただし、この「原状回復義務」とは賃借人の故意・過失等による損耗・毀損を復旧することを意味しており、通常の使用による損耗や汚損は賃貸人が負担するべきものです。

ハウスクリーニング特約は賃借人に不利な内容を含む特約

ハウスクリーニング特約を含む原状回復特約とは、本来は賃貸人の義務である通常使用による損耗や汚損についての原状回復義務を賃借人が負う旨を定めている特約です。つまり、賃借人に不利な内容を含む特約だといえるでしょう。

原状回復特約の内容について明確な合意がなければ無効に

「通常損耗の原状回復についても賃借人の義務になる」という原状回復特約の内容を説明されていなかったのに、退去時に突然、費用負担を求められたら誰だって嫌ですよね。

敷金返還請求について争われた平成17年12月の最高裁では、以下の要件を満たしていない原状回復特約は無効であるという判決が出されました。

  • 賃借人が補修費用を負担することになる通常損耗の範囲が、賃貸借契約書の条項自体に具体的に明記されていること
  • 賃貸借契約書では明らかでない場合には、賃貸人が口頭により説明し、賃借人がその旨を明確に認識し、それを合意の内容としたものと認められること。

参考:裁判所「最高裁判所判例集」

ハウスクリーニング特約を有効にするための3要件

しかし、原状回復特約が全て無効かというとそうではありません。

ハウスクリーニング特約を消費者契約法第10条の「消費者の利益を一方的に害する条項の無効」に該当するとしている判決もありますが、「退去時に通常の清掃を免れることができる面もある」として同条に該当しないとする判例もあるため、消費者契約法のみを根拠として判断しないほうがいいでしょう。

住宅関連の法令を所管する国土交通省住宅局のガイドラインによると、ハウスクリーニング等の原状回復に関する特約が有効であるためには、次の要件を満たしている必要があるとされています。

  • 特約の必要性があり、かつ、暴利的でないなどの客観的、合理的理由が存在すること
  • 賃借人が特約によって通常の原状回復義務を超えた修繕等の義務を負うことについて認識していること
  • 賃借人が特約による義務負担の意思表示をしていること

参考:国土交通省住宅局「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(再改訂版)

ハウスクリーニング特約の有効性については判断が難しいケースもありますが、前述した最高裁判例や国土交通省のガイドラインを参考にしてみてくださいね。

ハウスクリーニング特約の内容をしっかりと確認すること!

退去時に合意したつもりのないハウスクリーニング特約に基づいて費用負担を求められたとしても、裁判で争うのは大変です。このようなトラブルを避けるためには、契約時にしっかり確認しておくしかありません。

先のことだからと面倒くさがらずに、原状回復特約の有無について確認し、特約があるのであれば金額や条件等の具体的内容を賃貸借契約書に記載してもらいましょう。

そうしておけば、退去時に敷金がいくら還ってくるかも想定しやすくなりますよね。

ハウスクリーニング特約以外に鍵交換負担といった特約も

東京地裁の平成21年9月の判決では、「賃貸人が支払ったハウスクリーニング費用や鍵交換費用について、消費者契約法に違反しないため返還は認めない」とされました。

鍵交換費用負担の特約についても、基本的な考え方はハウスクリーニング特約と同様です。賃貸借契約書に署名、捺印する前に契約内容をよく確認しましょう。

特約についてはその具体的内容を双方で合意しておき、後々のトラブルを防ぐことが非常に大切です。

お掃除だけじゃない?ハウスクリーニングの意外な使いみち

日常的な掃除では行き届きにくい部分を、専門の業者がプロの技術できれいにしてくれるハウスクリーニングサービス。実は、ハウスクリーニングにはプレゼントなどの意外な使いみちや、よりお得に使う方法があります。

また、掃除以外にもさまざまな効果がありますので、こちらで詳しく解説します。ハウスクリーニングの意外な使いみちや、よりお得に利用する方法を見てみましょう。

プレゼントにも使える「ハウスクリーニングチケット」

大手のハウスクリーニング業者には、サービス料金の精算に使えるチケットなどを用意しているところも。場合によっては、現金やカードでの精算より割安になっていることもあります。そういったチケットを利用することで、ハウスクリーニングをさらにお得に使うことができます。

最近では、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで、ハウスクリーニングサービスのパックを取り扱っています。どこか1カ所のみの掃除に使えるパック、3カ所まで依頼できるパックなど、価格や内容もさまざまで、ニーズにあわせて気軽に使えるようになっています。

そんなハウスクリーニングチケットやサービスパックは、ちょっとしたギフトにもぴったり。お中元やお歳暮などにも使えるよう、目録として包装された商品も出ているので、使ってみてはいかがでしょうか。

閑散期には割引キャンペーンが行われることも!

ハウスクリーニング業者が行ったアンケートによると、日本でこれまでにハウスクリーニングを利用したことのある世帯は10%程度でした。そのような背景もあり、さらに多くの人にハウスクリーニングサービスを知ってもらうためにさまざまなキャンペーンを行っている業者もあります。

大掃除の時期にあたる年末は、ハウスクリーニング業者にとっても繁忙期。しかしそれ以外の時期には、顧客獲得のために割引キャンペーンが行われることもあるのです。

ほかにも初回利用サービス、一部分だけを割安料金でクリーニングするお試しサービスなど、業者によってさまざまなプランを提供しています。ホームページをこまめにチェックして、よりお得にハウスクリーニングサービスを利用しましょう。

そのほかハウスクリーニングのさまざまな効果

また、ハウスクリーニングには「部屋をキレイにする」以外にもさまざまな効果があります。

フローリングが長持ちする!掃除の手間が省ける!

ハウスクリーニング業者にフローリングの掃除を依頼すると、専用の洗剤や機械を使って古いワックスを落としてから、新しくワックスがけをしてもらえます。これにより見た目のツヤが戻るだけでなく、フローリングを長持ちさせる効果もあるのです。

また、ワックスがけをした後は汚れがつきにくくなるので、毎日行う掃除の時間や手間が省けるという効果もあります。

エアコンをクリーニングして電気代を節約!

エアコンは、当然ですが使っているうちに内部にほこりやゴミが溜まっていきます。溜まったほこりはカビや悪臭の原因となり、そのまま使い続けていると健康被害が起きることも。また、エアコン内部に溜まったほこりやゴミは、冷暖房の効率を下げる原因にもなります。しかし、最近のエアコンは内部構造が複雑になっているので、素人が分解して掃除するのは難しいでしょう。

そこでエアコンの専門業者にクリーニングを依頼すれば、特殊な洗浄液でエアコン内部の隅々まできれいにしてもらえます。クリーニング終了後は冷暖房の効率も上がり、電気代が節約できる一石二鳥の効果もあります。

このように、ハウスクリーニングには、単に部屋がキレイになるだけでなくさまざまな使いみちや効果があります。ぜひあなたもハウスクリーニングを利用して、その効果を実感してみませんか?

両親・祖父母が喜ぶ!ハウスクリーニングのサービスベスト3

ハウスクリーニングのサービスは、プレゼントとして贈るのもおすすめ。とくに母の日や敬老の日など、自分の両親や祖父母へのプレザントとしては最適です。中には「物を贈られるよりも嬉しい」という声も。ハウスクリーニングのサービスを両親や祖父母に贈るならどのようなサービスが良いのかをご紹介します。

カビを完全除去! 水周りの掃除

キッチン、トイレ、お風呂、洗面台は、最も清潔にしておきたい場所でありながら、最も汚れてしまう場所でもあります。長年積み重なった汚れは通常の掃除ではそう簡単にはきれいになりませんので、プロの腕の見せ所です。

プロのハウスクリーニングの場合、ただそのとき、きれいになるだけではなく、その後もきれいを保ちやすいメリットもあります。全体的にきれいになることによって、汚れがついた場所が目立つので、掃除しやすくなりますし、カビはすっかり除去されるので増殖することがなくなるでしょう。

たとえば、カビと水垢が付きやすい浴槽のエプロン内部の掃除、壁、窓など、手が届きにくい箇所も掃除してくれます。

掃除しにくいエアコンの内部の掃除

プロのハウスクリーニングでは、エアコンの内部も分解し、掃除を行います。エアコンの内部はカビや細菌が繁殖しやすく、そういう状態のエアコンを使い続けるのは不衛生ですし、健康にもよくありません。

かといって、内部を分解して掃除するのは、素人には難しいですし、非常に手間もかかります。

エアコンを使わず我慢してしまい、脱水症状に陥ってしまうお年寄りは必ず毎年います。気持ちよくエアコンを使ってもらい、健康でいてもらうためにも、エアコンのハウスクリーニングはおすすめです。

意外と体を使う窓ガラス掃除も!

きれいにすると住宅の印象が変わる窓ガラスですが、立ったりしゃがんだりを繰り返えさなくてはいけないため、足腰が痛くなりますし、しつこいカビ、サッシの汚れを落とすのは大変です。

このような理由から、気になっていながらも、長年掃除をしないでいる方も多いはずなので、窓ガラスのハウスクリーニングは喜ばれるはずです。

>>水回り掃除の価格で比較!
横浜のハウスクリーニング業者ランキングを見る

おすすめのクリーニング業者3社