TOP » 汚部屋を脱出!掃除代行可の横浜のお掃除業者 » 遺品整理の事例

遺品整理の事例

横浜で遺品整理をしたいと思ったときに、前もって知っておきたい知識や価格相場などを紹介します。

横浜エリアの遺品整理の価格相場

  • 1ルーム:40,000円~100,000円
  • 1DK:40,000円~120,000円
  • 1LDKまたは2DK:60,000円~250,000円
  • 2LDKまたは3DK:90,000円~420,000円
  • 3LDKまたは4DK:120,000円~680,000円
  • 4LDKまたは5DK:140,000円~800,000円

横浜エリアの遺品整理の実例

横浜の遺品整理の実例1:丘陵地帯にある家での遺品整理

丘陵地帯にある家で、坂の途中にあるうえに家自体もミニマム。前の道路は狭く、トラックを駐車できず、トラックのある場所まで坂を上り下りしなければいけませんでした。

そのため、ある遺品整理業者ではうまく段取りを組み、チーム制で分散作業にすることで、無駄な時間をかけずに遺品整理と簡易清掃を済ませました。

土地柄の問題で時間や費用が増加する可能性あり

横浜は道が狭い、斜面が多いなどといった土地柄。近くにトラックを停められない、家自体が狭いので家具を搬出しづらいといった問題を抱える家がたくさん。

遺品整理をする際に、多くの人手が必要となる場合や、手間や時間が多くかかることもあり、費用がかさむ可能性が高くなっています。

横浜エリアの実例2:丁寧かつミニマムな遺品整理

古い団地のお宅での遺品整理。キズ避け作業を施してから丁寧に作業を行ったのだそう。一人暮らしということもあり、こざっぱりしていたので、2DKでも2トントラックと軽トラックで済みました。

横浜エリアは業者数が多い

横浜は東京と比較しても、人口比率に対して遺品整理業者が非常に多いのだそう。だからこそ、業者同士が競争するため、コストパフォーマンスの高い遺品整理業者が多く集まる地域です。

横浜エリアの実例3:家電の多い遺品整理

生活用品が非常にたくさんあり、冷蔵庫や洗濯機、エアコン6台など、2トントラック9台以上。それでも安心価格で済みました。東京都内に住む知人が他業者に依頼した際は、これより少ない量なのに、料金は倍近くだったそうです。

家電引き取りの費用は安め

古い家電製品は、場合によって海外に輸出されることも。その場合、横浜港が近いこともあり、余計なコストを抑えられる可能性が高くなります。

横浜エリアの遺品整理業者の選び方

遺品整理は、手間や時間を非常に要するだけでなく、故人の思い出に包まれながらする作業は心理的にもとても負担になります。そのため、自分で行おうとせず、プロに依頼することをおすすめします。

公式HPをしっかりと確認する

下にスクロールすると、どんどん情報が出てくるようなタイプのHPは、セールスレターという営業手法で、サービスをより魅力的に見せる劇場型HPとも呼ばれます。

こうしたHPの業者よりも、すっきりとしたつくりで、会社概要や各ページへのリンクが見やすい場所にはられ、わかりやすい構成になっている業者のほうが安心です。

テレビの報道に惑わされない

テレビで放映されると、なんだか信頼できる業者のように感じますよね。もちろん、取材されることは悪いことではありません。

しかし、「テレビで放映された」という事実を宣伝に大きく使用している業者はよい業者とは言えないかもしれません。なぜなら、テレビ取材が入ったからといって優れた業者というわけではないからです。

丁寧な電話対応かどうか

電話をかけても、なかなか電話口に出なかったり、応対の際に会社名をしっかり名乗らない業者は不安が残ります。電話口は、顧客とのファーストコンタクトの瞬間なので、ちゃんとした業者であれば、丁寧に対応します。

電話対応が悪い場合、悪質な業者ではなくても、その後なにかしらで不愉快な思いをする可能性は高くなります。見積もりなどで電話した際、その業者を面接する気持ちで電話応対を意識してみましょう。

>>横浜で片付けを依頼するなら!
掃除代行可能なハウススクリーニング業者を見る

おすすめのクリーニング業者3社